インナードライ肌でオールインワンゲルを使うポイント

肌の表面が乾燥してしまう一般的な乾燥肌とは違い、一見乾燥しているようには見えないのに、肌の内部の乾燥が進んでいるインナードライ肌は、小鼻や額、あごなど、部分的に皮脂が多くべたつく部分があることが多いために、肌が乾燥していることに気付きにくい面があります。化粧崩れがしやすいという人やべたつく部分とかさつく部分の差が激しい人はインナードライ肌の可能性があります。
インナードライ肌は、肌が自分自身を守るバリア機能が低下していることが多く、肌の細胞が水分を保つことができず、正常なターンオーバーをすることができないため、さらに水分が蒸発しやすい肌になってしまうという悪循環になってしまっていることが原因になっています。インナードライ肌の人には、素早く水分補給から保湿までができるオールインワンジェルはおすすめで、洗顔をしてまだ肌に水分が残っている状態で、素早くオールインワンゲルを塗ることで、肌から水分が蒸発することを防ぐ効果が期待できます。
また、インナードライの人は、肌の表面の角質層が乾燥のためにめくれあがっていたり、乾燥によって肌が敏感になっていて、少しの刺激でも炎症を起こしてしまうことが多いため、コットンを使って化粧水をつけたり、美容液や乳液を付けるために何度も肌をこすってしまったりすることが少ないオールインワンゲルを使うことで、肌に与える刺激を少なくする効果も期待できます。オールインワンゲルを使うときには、強い力でこすらずに、たっぷりの量を優しくつけることがポイントになります。