スマホ老眼の原因は長時間のアプリ利用にあります

ここ数年で急速に世間全体に普及していったのがスマートフォンです。日本にスマートフォンという製品が上陸した当初は、いわゆる若い世代向けの製品でした。しかし今現在ではスマートフォンの使い勝手の良さが世間全体に知れ渡り、機械を簡単に使いたい高齢者、ママ友の連絡用にスマホアプリを使いたい主婦の方々へと急速に浸透して来ました。

スマートフォンはパソコンのような機能を持った携帯電話だと理解すれば良いでしょう。様々なアプリを後からユーザーの好みに応じて追加したり、購入出来るのが長所です。
ゲームアプリを暇つぶし用に追加したり、ママ友との会話用にメッセンジャーアプリをインストールしたり、ビデオチャット用のアプリを活用なさる人々は大変多いです。

ただ、長時間のアプリ利用はスマホ老眼の原因となります。
テレビゲーム以上に間近な距離で液晶画面を見つけるため、目に対する負担はかなり激しいです。またテレビゲームとは違い、本人はブラウザアプリやメッセンジャーアプリで真面目に情報収集や仕事をしている意識が強く、スマホ老眼の原因になっているとは気づきにくい難点もあります。
テレビゲームだとやめ時も見つけやすいですが、スマートフォンは半無限で会話や情報収集が出来るため、気づいたら端末を触って画面を直視している事になりがちです。
スマホ老眼に苦しむ人々は近年増加しており、老眼と名前は付いていますが、そのリスクは20代から40代の方々にも発生します。